旬なニュースの感想を気ままにベストチョイス!


by news-camp

タグ:香取慎吾 ( 1 ) タグの人気記事

香取慎吾がテレビ朝日サッカー日本代表応援団長に就任したのは、去年の夏頃だったでしょうか。
なんだかんだで、日本はワールドカップ出場を決めたので本人もさぞよろこんでいるんでしょうね。

さて、SMAPの香取慎吾(32)が、脚本家で演出家、三谷幸喜(47)の手による新作ミュージカル「TALK LIKE SINGING」に主演することが発表されました。
公演地は、なんと本場、アメリカのオフ・ブロードウェーです!
日本のオリジナルミュージカルがブロードウェーで上演されるのは史上初の快挙ということで、日本演劇史に輝く第一歩となります。


「TALK LIKE SINGING」は、「歌うとはどういうことか?」をテーマにしたコメディーミュージカル。
香取慎吾が演じる主人公の青年ターロウは、普通にしゃべることができず、いつでも明るく歌っている。どんなにつらいことがあっても陽気に歌い、周囲から特異な目で見られています。そんなターロウを心理言語学者ニモイ博士(堀内敬子)と精神医学者ダイソン博士(川平慈英)が治療にあたる、というストーリーです。

脚本・演出・作詞は三谷自身が手がけるようで、劇中は英語と日本語が混じるようですが、言葉に頼らなくても楽しめる作品にする、ということです。

ブロードウェーの中でも中規模劇場を指す「オフ・ブロードウェー」に属する劇場ニューヨーク大学構内にある「スカーボール・センター」で現地時間11月12日~11月22日まで全13公演の予定です。

三谷幸喜は、ハリウッドの巨匠ビリー・ワイルダーを敬愛していることでも知られています。ビリー・ワイルダーは『アパートの鍵貸します』『麗しのサブリナ』などで日本でもおなじみの監督。

アメリカンコメディから大きな影響を受けてきた三谷幸喜のセンスが、アメリカの観衆に受け入れられるでしょうか。
ぜひとも成功して日本の演劇界を盛り上げてほしいですね。

Yahoo!ニュースURL
[PR]
by news-camp | 2009-06-09 15:03 | 芸能