旬なニュースの感想を気ままにベストチョイス!


by news-camp

切磋琢磨。8月の携帯市場はソフトバンクに軍配

新しい携帯欲しいな~
友人と会えば、合い言葉のように言ってますね。

7日、社団法人電気通信事業者協会(TCA)が8月末時点の携帯電話およびPHS契約数を発表しました。
ソフトバンクモバイルがNTTドコモを抜いて純増数1位に返り咲きました。

8月末時点の携帯電話の契約数は、7月と比べて0.3%増の1億926万9300件。
事業者別契約数をみますと、NTTドコモが11万2900件の純増で5512万500件au(KDDI)は、7万7800件の純増で3113万400件。
ソフトバンクモバイルは、純増数11万5100件の2120万8900件です、

携帯電話業界は飽和状態です。日本国内では、ほとんどの人の手に渡っていることから今後数年で新規加入者は伸び悩む傾向が強くなる、ともいわれています。
少子化問題もあるわけですし、ユーザー数が減っていくのは目に見えています。

こうした理由で携帯各社は海外市場を目指しているわけですが、なかなか成功しません。
打開策としてNTTドコモは7日、世界初の技術を開発したと発表しました。異なる携帯電話事業者間で、メールを外国語への自動翻訳や音声に変換する技術です。
この技術はサーバー上で処理され、たとえば日本語で書いたメールを英語に翻訳することが可能となります。
NTTドコモは、各国の携帯電話事業者が加入する国際機関「GSMアソシエーション」にこの技術を国際標準として採用するよう働きかけるとみられています。
近い将来、外国の友達やビジネスパートナーたちと携帯メールでやり取りができる日がくるかもしれませんね。

買っちゃおうかな~、新しい携帯。
本当に欲しくなってきました~。



Yahoo!ニュースURL

花粉症の予防…お役立ち情報
チアシード豆乳おからクッキー通販
自賠責保険学習ナビ
黒酢の効能は元気の源!
生命保険の選び方案内
いびきと無呼吸症候群の研究所
老人ホームの種類案内所
安価で買える寝具通販.com
エンタメンズ・サバイバル
家族サービスde生活サバイバル
ゴルフ練習メモ 恥ずかしながら公開中!
ゴルフはカラテで上手くなれ!
自営業者が悩む税理士との関係
[PR]
by news-camp | 2009-09-08 23:30 | 国内