旬なニュースの感想を気ままにベストチョイス!


by news-camp

なんで日本で開催?ラグビーワールドカップ

運動してますか?
しているつもりでも、運動量は足りなかったりしますよね。
『体動かしているのに、太るんだよな~』なんて思っていませんか?

2019年、ラグビーワールドカップ開催国に日本が選ばれました。
JRFU(日本ラグビーフットボール協会)が6年かけて誘致を進めてきた努力が実ったことになります。
JRFUは、 名誉総裁に寛仁親王殿下、会長に自民党の森喜朗元首相という布陣で、他の組織に引けを取らない立派な陣容です。

日本ではあまり人気のないラグビーですが、世界的にはオリンピック、サッカーワールドカップと並んで人気の高いスポーツイベントです。

招致委員会会長を務めた森喜朗元首相は、実はラガーマン。
石川県立金沢二水高等学校でラグビー部のキャプテンを務め、スポーツ推薦で早稲田大学に入学してラグビー部に籍を置いていたことで知られています。
自民逆風で苦しい選挙戦が続く自民党ですが、今回の開催地決定は、たいへん満足した様子で、「世界のラグビーが新しい第一歩を踏み出した。ラグビーにとって歴史的な日」

と満面の笑みを浮かべ記者会見に臨みました。

しかし、日本ラグビー界には問題が山積みと言われています。
日本チームは6回連続でラグビーワールドカップに出場していますが、戦績は1勝18敗1分け。
世界との差は歴然としており、ワールドカップ開催国としては、なんとかベスト8には進みたいところです。
しかし、競技人口が減少しており、選手が育っていないのが現状です。

IRB(国際ラグビー評議会)は、大会開催国に約150億円の拠出金を求めており、現状では誰がどのように負担するのかすら、決まっていません。
現在の日本では、2016年東京オリンピック、2018年、2022年サッカーワールドカップの招致活動も行われており、もし、2つとも招致に成功するようならば、ラグビーが日の当らないところへ追いやられてしまう恐れもあります。

森喜朗元首相のごり押しで決まったかのようなこの大会。
自民党不信に更に拍車をかけなければいいのですが…
今後どのような展開を迎えるのか、注目していきたいと思います。



Yahoo!ニュースURL

花粉症の予防…お役立ち情報
チアシード豆乳おからクッキー通販
自賠責保険学習ナビ
黒酢の効能は元気の源!
生命保険の選び方案内
いびきと無呼吸症候群の研究所
老人ホームの種類案内所
安価で買える寝具通販.com
エンタメンズ・サバイバル
家族サービスde生活サバイバル
ゴルフ練習メモ 恥ずかしながら公開中!
ゴルフはカラテで上手くなれ!
自営業者が悩む税理士との関係
[PR]
by news-camp | 2009-07-30 07:45 | スポーツ