旬なニュースの感想を気ままにベストチョイス!


by news-camp

東国原知事、ちょっと風向きが変わってきたのかな?

東国原知事への風向きがちょっと変わってきた感じがしますね。

知事として最高の知名度を誇る”そのまんま東”こと宮崎県の東国原英夫知事(51)。
自民党からの出馬要請を受けて、「(わたしを)次期総裁候補にするならば」という条件を突きつけたことが話題になりました。

国政に強い関心を寄せていた東国原知事ですが、雲行きが怪しくなってきたようです。

9日、東国原英夫知事は、衆議院選挙の立候補に対して「予想以上に逆風だ」と弱気のコメント。
疲労のためか、顔色もあまりよくなかった様子です。

「(現状では)県民がすんなり快く送り出してくれることはなく、自民党内外も逆風が強いですね」

東国原知事は、自民党から立候補するにあたり、2つの条件を挙げています。

(1)地方分権に関する全国知事会の要望を党のマニフェスト(政権公約)に載せる(2)自分を次期総裁候補にする。

この条件を「100%のんでもらわないと出馬はしない」と強調しましたが、そもそも立候補自体が怪しくなっています。

世論調査によりますと、東国原知事の衆院選出馬に対して、有権者の8割が「NO」と回答しました。
共同通信社が実施した全国緊急電話世論調査(7月3日~4日)によりますと、

「立候補しないほうがよい」が81.6%
「したほうがよい」の14.5%

とくに宮崎県民の反発が強いです。
知事職を途中で放り投げるのですから、当たり前ですよね。

また、自民党内からも反発の声が噴出しています。
津島派の津島雄二会長(79)は、「地方行政と国政を担当する立場は違う」と強調。
町村派代表世話人の谷川秀善参院幹事長(75)も「国民に政策を訴えるべきなのに人気者を擁立することだけにこだわるのは本末転倒」と述べたそうです。

注目を集めていた東国原知事ですが、ここに来て国政への進出に反対の声が県民からも出てきているようです。

私は、国政に進出するのならそれはそれでいいと思います。
ただ、自民党が彼の人気を当てにすり寄ってきているのだから、絶対に自分を安く売るような行動には出ないで欲しいです。
宮崎県知事という、誇りを持って行動すれば、県民も理解して応援してくれるはずです。



Yahoo!ニュースURL

花粉症の予防…お役立ち情報
チアシード豆乳おからクッキー通販
自賠責保険学習ナビ
黒酢の効能は元気の源!
生命保険の選び方案内
いびきと無呼吸症候群の研究所
老人ホームの種類案内所
安価で買える寝具通販.com
エンタメンズ・サバイバル
[PR]
by news-camp | 2009-07-10 23:46 | 国内